while文で条件に一致する間の繰り返し処理

while文を使用するとある条件を満たす間は繰り返し処理が実行されます。

例えば変数の値が正の値の間だけ繰り返し計算を行うといった処理をすることができます。

[構文]

while(条件式){

             処理;

}

条件式ではwhile文内で繰り返し処理をさせる条件を指定します。

例えば変数の値が正の間とか、変数の値がある値より小さい間といった条件を記述します。

[例] 

class Whiles {
public static void main(String[] args) {

//iに0を代入
int i = 0;

while(i < 6){

                System.out.print(i);

                i++;

   }
}
}

この例では繰り返しの条件式に変数iの値が6より小さい間と指定しています。

このため変数iは0を代入して初期化していますのでまずはじめに0が出力され

iがインクリメントで1に増加し、次に1が出力されます。

以降順番に

012345と画面に出力され、変数iの値が6になると条件を満たさなくなるので処理が終了します。





エクセル・アクセスを動画で楽々マスターできる楽ぱそDVD!