VBA、ADOとSQLでテーブルのデータを削除する

はじめにMicroSoft Visual Basicエディターのメニューにある

ツールの参照設定で、「Microsoft ActiveX Data Objects ** Library」に

チェックを入れて「OK」ボタンを押して設定しておけば、

AccessでADOを使用することが出来ます。

ADOでテーブルのデータを削除する手順は以下の通りです。

1 ADOオブジェクトを生成する。

2 接続してSQLを実行する。

3 接続を終了する。

Dim mySQL1 As String

SQL文を入れておく文字列型変数mySQL1を宣言する。

Dim cn1 As New ADODB.Connection
Dim com1 As New ADODB.Command

ADOオブジェクトを生成する。

mySQL1 = “DELETE * FROM ” & “ここに削除したいテーブル名”

テーブルの削除文のSQLを変数mySQL1に入れる。

Set cn1 = CurrentProject.Connection

接続を実行する。

com1.ActiveConnection = cn1
com1.CommandText = mySQL1
com1.Execute

テーブルを削除するSQL文を実行する。

Set com1 = Nothing
cn1.Close: Set cn1 = Nothing

接続を終了する。

ここではmySQL1 = “DELETE * FROM ” & “ここに削除したいテーブル名”

として、テーブルの全データを削除します。

whereなどの条件式を入れることも出来ます。





エクセル・アクセスを動画で楽々マスターできる楽ぱそDVD!