VBA、ADOでAccessテーブルのレコードにアクセスする

1 行ずつテーブルのレコードをチェックして、何かの処理を行いたい場合に使用します。

ADOでAccessテーブルのレコードにアクセスする手順は以下の通りです。

1 ADOでAccessテーブルに接続する。

2 レコードを最初から1つずつループでアクセスする。

3 Accessテーブルへの接続を終了する。

Dim cn As New ADODB.Connection
Dim rs As New ADODB.Recordset

ADOのオブジェクトを生成します。

‘接続
Set cn = CurrentProject.Connection
rs.Open “ここに接続したいテーブル名”, cn, adOpenKeyset, adLockOptimistic

テーブルに接続します。

Do Until rs.EOF

レコードの最初の行からループでアクセスしてゆきます。

処理を行う場合はここに処理を書きます。

rs.MoveNext

次のレコードへ移動します。

Loop

‘終了処理
rs.Close: Set rs = Nothing
cn.Close: Set cn = Nothing

テーブルとの接続を終了します。

rs.MoveNextでレコードを次へ一つ進めます。

次へ進めないとループが終了しなくなります。





エクセル・アクセスを動画で楽々マスターできる楽ぱそDVD!