VBAで日付操作(Date関数,Year,Month,Day,Weekdayname,Format)

■日付を取得する

VBAで現在の日付を取得するにはDate関数を使用します。

VBA書式:

Date

使用例:

MsgBox (Date)

西暦/月/日と表示されます。

また、西暦、月、日、曜日のみを取り出したい場合はYear関数 , Month関数, Day関数, Weekday関数を

使用します。

VBA書式:

Year (日付)
Month (日付)
Day (日付)
Weekday (日付)

ただし、Weekday (日付)では曜日を数字で返しますのでWeekdayname関数を使用すると
曜日を名称で取り出せます。

1 日曜
2 月曜
3 火曜
4 水曜
5 木曜
6 金曜
7 土曜

Weekdayname(曜日名,表示種別)

表示種別:

戻り値に「曜日」をつけるかを設定。「曜日」を付ける場合はFalse、
「曜日」を付けないときはTrueを設定します。
デフォルトではFalseとなります。

使用例:

MsgBox (Year(Date)) ※Dateの値が2010/10/22の場合

2010 と表示されます。

MsgBox (Month(Date))

10 と表示されます。

MsgBox (Day(Date))

22 と表示されます。

MsgBox (WeekdayName(Weekday(Date)))

金曜日と表示されます。

■日付の書式を設定する。

VBAで日付の書式を設定するにはFormat関数を使用します。

VBA書式:

Format(日付,書式)

書式:

/ :日付の区切り記号を表示
c :既存の書式名[General Date/日付(標準)]と同じ

d :一桁の日は1桁で表示(1→1)
dd :一桁の日は2桁で表示(1→01)

ddd :曜日を英語3文字で表示(Sun~Sat)
aaa :曜日を日本語一文字で表示(日~土)
dddd :曜日を英語で表示(Sunday~Saturday)
aaaa :曜日を日本語で表示(日曜日~土曜日)

ddddd :既存の書式名[Short Date/日付(S)]と同じ
dddddd :既存の書式名[Long Date/日付(L)]と同じ

w :曜日を数値で表示(1~7)
ww :その日が1年のうちの何週目であるかを表示(1~53)

m :一桁の月は1桁で表示(1→1)
mm :一桁の月は2桁で表示(1→01)
mmm :月の名前を英語3文字で表示(Jan~Dec)
mmmm: 月の名前を英語で表示

q :1年のうちどの四半期に属するかを表示(1~4)
g :年号の頭文字を表示(m, T, S, H)
gg :年号を漢字1文字で表示(明, 大, 昭, 平)
ggg :年号を表示(明治, 大正, 昭和, 平成)
e: 年を年号で表示 (22)
ee: 年を年号で2桁の数値で表示 (22)

y :日付を元旦からの日数で表示(1~366)
yy: 西暦の下2桁を表示
yyyy: 西暦を表示

使用例:

MsgBox (Format(Day, “ee”)) Dateが2010年の場合

22(平成22年)と表示されます。





エクセル・アクセスを動画で楽々マスターできる楽ぱそDVD!