VBAで文字列操作(StrComp関数)





■文字列を比較する

VBAで文字列を比較するにはStrComp関数を使用します。

VBA書式:

StrComp(比較文字A,比較文字列B)

戻り値:

比較文字列Aが比較文字列B未満の場合 1
比較文字列Aと比較文字列Bが等しい場合 0
比較文字列Aが比較文字列Bを超える場合 -1
比較文字列Aか比較文字列BのいずれかがNullの場合 Null

使用例:

MsgBox (StrComp(837, 1005))

1 と表示されます。

さらにStrComp関数では比較方法を指定することが出来ます。

VBA書式:

StrComp(比較文字A,比較文字列B,比較方法)

比較方法:

vbBinaryCompare : バイナリモードで比較(大文字/小文字 半角/全角 ひらがな/カタカナを区別して比較
vbTextCompare : テキストモードで比較(大文字/小文字 半角/全角 ひらがな/カタカナを区別されず五十音で比較
vbDatabaseCompare: Accessのデータベースの設定を使用して比較

使用例:

MsgBox (StrComp(“AAA”, “aaa”, vbTextCompare))

0 と表示されます。







プログラミングが動画でわかる【楽ぱそDVD】



このページをお気に入り(ブックマーク)に登録する | | 目次ページに戻る