VBAでエクセルのsheetsの操作





VBAでエクセルのsheetsの操作

VBAでエクセルを操作する場合、シートを追加したり、シートに

名前をつけたりすることがよくあります。

ここではエクセルのワークシートに関してよく使われる操作をご紹介します。

特定のシートを開く
sheets(“Sheet3”).Select

または
sheets(3).Select

このように数字で指定することも出来ます。

シートの名前を変更する
ActiveWorkbook.sheets(“Sheet2”).Name = “合計表”

アクティブシートの前にワークシートを3枚追加する。
ActiveWorkbook.Worksheets.add Count:=3

シート数を数える。
ActiveWorkbook.sheets.Count

アクティブシートの最後尾にワークシートを3枚追加する。
ActiveWorkbook.Worksheets.add after:=Worksheets(Worksheets.Count)

Sheet1をSheet3の後ろにコピーする。

sheets(“Sheet1”).Copy after:=sheets(“Sheet3”)

Sheet1をSheet3の前にコピーする。

sheets(“Sheet1”).Copy before:=sheets(“Sheet3”)

ワークシートを削除する
sheets(“合計表”).Delete







プログラミングが動画でわかる【楽ぱそDVD】



このページをお気に入り(ブックマーク)に登録する | | 目次ページに戻る