switch文

switch文を使用すると複数の条件を設定してそれぞれ満たす場合に処理をふりわけることができます。

if ifelse 文でも複数の条件式を指定できますが、条件式の数が多い場合はこちらの

switch文を使用したほうがプログラムが見やすくなります。

[構文]

switch (

{

case 定数1:

処理

break;

case 定数2:

処理

break;

default:

処理

}

switch の(式)に条件式を記述します。

caseの後に式の結果の定数とコロン「:」を記述し、その後に処理、最後にbreak;を記述します。

このbreak;を記述しないと引き続きその下のcase文以下の処理も実行されます。

※式の結果、定数のデータ型はint, String, byte, char, short, enum のいずれかが指定できます。

条件式の結果が定数1の場合はすぐ下の処理が実行され、定数2の場合はそのすぐ下の処理が実行されます。そしていずれの定数にも一致しない場合はdefault以下の処理が実行されます。

またdefaultの記述は必須ではありませんので必要に応じて記述します。

[例]

class Switchs {
public static void main(String[] args) {

//aに2を代入
int a = 2;

switch(a){

//aが1の場合
case 1:
System.out.println (“1です”);
break;

//aが2の場合
case 2:
System.out.println(“2です”);
break;

//それ以外の場合
default:
System.out.println(“1と2以外です”);
break;
}

}
}

この例ではint型の変数aに2を代入していますのでswitch文でcase2:以下の処理が実行され、

画面に2と表示されます。





エクセル・アクセスを動画で楽々マスターできる楽ぱそDVD!