SELECT DISTINCTで重複を削除SQL

特定のフィールドの中でデータが重複している場合、SELECT文のみでは

重複したデータも表示されますが、DISTINCTを宣言すると特定のフィールドの中で

重複したものは除外されます。DISTINCTというのは別個のという意味です。

これはGROUP BYで特定のフィールドをグループ化したときと同様の出力になります。

SELECT フィールド1 FROM テーブル GROUP BY フィールド1

例えば、

フィールド1
A
B
A
F
R
F
A
B
B

とデータが並んでいたとすると、A・B・F が複数ありますが、DISTINCTを利用すると

以下のような集計になります。

フィールド1
A
B
F
R

VBA書式:

SELECT DISTINCT フィールド名 FROM テーブル名

DISTINCTROWを使用すると特定のフィールドの重複だけでなく
フィールドに関係なく、レコード全体で重複しているデータを除外します。

DISTINCTROWは一部のテーブルからフィールドを選択した場合にのみ動作します。

VBA書式:

SELECT DISTINCTROW フィールド名 FROM テーブル名





エクセル・アクセスを動画で楽々マスターできる楽ぱそDVD!