Resizeプロパティ・セルを参照する範囲を変更する





セル範囲を行数と列数で指定するにはResizeプロパティを利用します。

これはまとめて範囲を指定したい場合にいちいちセル番地を指定することなく
下に何行分、右に何列分といった形で簡単に範囲を指定することができます。

まとめてセル範囲をコピーしたりするときによく利用される方法です。

[書式]

オブジェクト. Resize [RowSize][ColumnSize]
オブジェクト:Rangeオブジェクト

引数:
RowSize 行数
ColumnSize 列数

[例]

A2セルから1行下、4列右までの範囲を
A8セルから1行下、4列右までの範囲に貼り付けます。

Range(“A8”).Resize(1, 4).Value = Range(“A2”).Resize(1, 4).Value







プログラミングが動画でわかる【楽ぱそDVD】



このページをお気に入り(ブックマーク)に登録する | | 目次ページに戻る