Nameプロパティ・セル範囲に名前を付ける





Nameプロパティを使用するとセル範囲に名前を設定することができます。

[書式]

オブジェクト.Name
オブジェクト:Rangeオブジェクト

[例]

セル範囲A1からD6に「社員一覧」という名前を付けるRange(“A1:D6”).Name = “社員一覧”






プログラミングが動画でわかる【楽ぱそDVD】



このページをお気に入り(ブックマーク)に登録する | | 目次ページに戻る