Javaプログラムの実行

Javaで記述したプログラムファイルを実行するには

まずプログラムファイルをコンパイルします。

このコンパイルというのはプログラムファイルを機械が解釈できる機械語というものに変換することです。

はじめJavaのファイルは「.java」の拡張子のファイルですが

コンパイルを行うことによって「.class」という拡張子のクラスファイルが生成されます。

そしてそのクラスファイルをコマンドプロンプトから実行することによってプログラムを動かすことができます。

以下がJavaプログラム実行までの詳細です。

1 プログラムを記述してソースファイルを作成

まずプログラムを記述したファイルを保存しますが、このとき「ファイル名+ 拡張子.java 」で保存しておきます。

[例] Jikkou.java

 

2 ファイルをコンパイル

次に保存したプログラムファイルをコンパイルしてJVM(Java仮想マシン)が解釈できる

クラスファイル(拡張子.class)を作成します。

このとき、クラスファイル名はソースファイル内で宣言したクラス名が使用されます。

[例] クラス名が「Jikkou」の場合 ⇒ Jikkou.classというクラスファイル名になります。

1. まずパソコン内のプログラムファイルの置かれている場所に移動します。

cd 移動先場所 例: cd c:

2. 次に「javac プログラムファイル名 + 拡張子.java」と命令してクラスファイルを生成します。

[例]  javac  Jikkou.java ⇒ クラスファイルが作成されます。

※この時点でソースファイル内に文法的なミスがある場合:コンパイルエラーが発生します。

 

3 クラスファイルを実行

1. まずクラスファイルのある場所に移動します。

2. 次に「java 拡張子.classを含めないクラスファイル名」の命令文を実行するとプログラムが実行されます。

[例]  java Jikkou

※ここで正しく動作しない場合を「実行時エラー」と呼びます。





エクセル・アクセスを動画で楽々マスターできる楽ぱそDVD!