Javaの開発環境

Javaでプログラミングを行い、それを実行させるには開発環境の用意が必要です。

開発環境とはまず、プログラミングを行うためのソフトや作成したJavaのファイルを実行させることができるツールです。

お使いのパソコンでjavaを実行させるには JDK(Java SE Development Kit)というツールが必要です。

これはJavaのサイトから無償でダウンロードすることができ、ダウンロード後、パソコンにインストールします。

またJavaのプログラミングをおこなってそれをファイルとして保存するためにテキストエディタが必要になります。

例えば Windowsに標準で搭載されているメモ帳やJava専用に作られたものなどいろいろあります。

そして開発環境の作成手順としては以下の流れになります。

1 JDKをインストール

まずJDK(Java SE Development Kit)をJavaのサイトからダウンロードしておきます。

2 環境変数の設定

次にパソコン上で開発環境を設定します。これは

3 ファイルの拡張子の表示設定

JAVAのファイルかどうかを判別できるようにあらかじめファイルの拡張子が表示されるように

設定しておきます。





エクセル・アクセスを動画で楽々マスターできる楽ぱそDVD!