Javaの配列

変数は1つの変数に対して1つの値のみ入れられますが、

配列を使用すると、1つの変数に複数の値を入れることができます。

変数が一つの箱に対して、配列は複数の引き出しのある棚のようなイメージになります。

hairetsu

配列の宣言

以下の構文で配列を作成します。

[構文] データ型[ ] 配列名 = new データ型[要素数] ;

まず配列に入れる値のデータ型を指定します。

このときデータ型の後に[]をつけておきます。

次に配列名をつけて「=」イコール演算子の右側に「new」 のキーワード、

そして再度データ型に[]をつけてその中に代入する値の個数を入れます。

この個数は配列では要素数といいます。

例えば配列に10個の値を代入したい場合は[10]と指定します。

以下が配列の宣言の一例です。

[例] int[ ] a = new int[5] ;

ここではint型で要素数5つの配列aを宣言しています。

この様に指定しますと要素数5つ以下の個数の値を格納することができます。

配列の代入

配列に値を代入するには以下の構文でおこないます。

[構文] 配列名[添え字] = 値 ;

[添え字]には配列の何番目の引き出し(要素)に値を代入するかを指定します。

この添え字は0から始まります。例えば0番目の要素に代入するときは[0]

1番目の要素に代入するときは[1]と指定します。

hairetsu

配列の代入の例は以下の通りです。

[例] a[2] = 500 ;

ここでは配列aの2番目の要素に500を代入しています。

また配列の作成と初期化を同時に行うには以下のように記述します。

int[ ] b = { 1, 3, 5, 7, 9 };

ここでは配列bに、1, 3, 5, 7, 9の値を代入しています。

配列の取り出し

配列から値を取り出すには以下のように記述します。

[構文] 配列名[添え字]

[添え字]の部分で取り出したい要素の番号を指定します。

以下が配列の取り出しの一例です。

[例] int x = a[2] ;

ここでは配列aの2番目の要素を取り出して変数xに代入しています。





エクセル・アクセスを動画で楽々マスターできる楽ぱそDVD!