Javaの特徴





Javaというプログラミング言語は、Windows、Mac、Linux、携帯端末などの様々な環境(プラットフォーム)で動作させることが可能なため非常に広い範囲で開発、運用されています。

例えばアンドロイドアプリや銀行のATM,組み込み型の機器などいろいろな場所でJavaが使用されています。

このようにいろいろな環境で動作するために、JavaVM(Java仮想マシン)というしくみを持っています。

これは様々なWindowsやMacintoshなどそれぞれの環境にこのJavaVM(Java仮想マシン)を配置することによってこの上でJavaで書かれたプログラムが動作するしくみです。

そのためJavaVMは「Windows版、Macintosh版、Linux版」等、様々な環境ごとに提供されています。

またJavaのもうひとつの特徴として「オブジェクト指向」という考え方があります。

これはプログラミングに使用できる部品を使用して効率的に開発ができるもので、

例えば、印刷を行うプログラム、計算を行うプログラムなど、用途に応じたプログラムの部品を作成しておき、それを元に別のプログラミングで再利用できるものです。

そのため新たにJavaによる開発を行う際にそれらの部品を利用することによって

ゼロから作成するのに比べて開発の効率が上がります。







プログラミングが動画でわかる【楽ぱそDVD】



このページをお気に入り(ブックマーク)に登録する | | 目次ページに戻る