Javaの命名規則

Javaの命名規則というのは、クラスやメソッド、変数に名前(識別子)を付ける際のルールのことです。

以下が主な命名規則になります。

クラスやメソッドなどに使用できる文字は、「英数字、漢字、全角かな、$、アンダースコア「_」です。

ただし先頭の数字は不可になります。 例えば 8name、 55ken など先頭につけることはできません。

またJavaで定義されている名前(予約語)は使用することができません。

例えば 値の種類を表す「int」や制御するためのキーワードである「catch」などを

使用することはできません。

このほかにも以下のようにいろいろな予約語があります。

abstract   break
catch  do  else float
goto if long new package

またJavaでは大文字と小文字は厳密に区別されるので注意する必要があります。

例えばTeigi  と teigi  ではJavaでは厳密に別の文字列とみなされます。

特に別の名前の大文字、小文字を厳密に区別されないプログラミング言語になれている場合は

注意してください。





エクセル・アクセスを動画で楽々マスターできる楽ぱそDVD!