Insertメソッド・セルの挿入





セルを挿入するにはInsertメソッドを使用します。
引数にセルを挿入後に隣接するセルの移動方向やセルを挿入した後の書式を指定することができます。

[書式]

オブジェクト.Insert [Shift], [CopyOrigin]

オブジェクト:Rangeオブジェクト
引数:
Shift       セルを挿入後の他のセルの移動する方向
CopyOrigin   セルを挿入後の書式

引数 Shiftの設定値と内容

設定値 内容
xlShiftDown 下方向にシフト
xlShiftToRight 右方向にシフト

CopyOriginの設定値と内容

設定値 内容
xlFormatFromLeftOrAbove 左、または上のセルの書式をコピー
xlFormatFromRightOrBelow 右、または下のセルの書式をコピー

[例]

セル範囲B1~B2にセルを挿入し、挿入後右方向へシフト、
右または下のセルの書式をコピーする

Range(“B1:B2”).Insert xlShiftToRight, xlFormatFromRightOrBelow







プログラミングが動画でわかる【楽ぱそDVD】



このページをお気に入り(ブックマーク)に登録する | | 目次ページに戻る