if …else文

if else文では条件式を満たした場合は処理が実行され、満たさなかった場合は別の処理が実行されます。

条件式が満たされない場合でも何らかの処理をさせたい場合に使用します。

例えば変数aの値が正の場合は足し算を行い、負の場合は引き算を行うといった処理を行うことができます。

[構文]

if (条件式) {

               trueの場合の処理

}

else {

               falseの場合の処理

} 

ここで条件式が満たされた場合はtrueの場合の処理が実行され、

満たされない場合はelse文以下のfalseの場合の処理が実行されます。

[例]

if (a >=10) {

               System.out.println(“10以上です”);

}

else {

               System.out.println(“10未満です”);

} 

この例では変数aの値が10以上の場合は「10以上です。」と出力され、

10未満の場合は「10未満です。」と出力されます。





エクセル・アクセスを動画で楽々マスターできる楽ぱそDVD!