for文で指定した回数だけ処理を繰り返す

for文を使用すると指定した回数だけ任意の処理を繰り返すことができます。

例えばある配列にある要素の数だけ繰り返し要素を取り出すといった処理が可能になります。

要素が10個ある場合は10回繰り返すという処理をすることができます。

[構文]

for (初期化式; 条件式; 反復式)

           {

               処理

           }

まず初期化式でははじめに一回だけ行う処理を記述します。

一般的に初期化式ではfor文で使用する変数に値を入れて初期化します。

条件式では繰り返し処理を行う条件を指定します。例えばある変数が10になるまでといった条件を指定します。

反復式はfor文内の処理が行われたら最後に実行される式です。

例えば繰り返し処理を一回おこなったら最後に変数に1を加算するといった実行させたい式を記述します。

[例] 

class Fors {
public static void main(String[] args) {

 for (int i = 0; i < 5; i++){

                System.out.println (i);

            }   
}
}

この例では初期化式にint型の変数iに0を代入して初期化しています。

そしてこのfor文ではこの変数iを使用して繰り返し処理を行っていますが、

この変数をカウンタともいいます。

次に条件式では変数iが5より小さい場合という条件を指定しています。

このため繰り返し処理は変数iが5より小さい間は実行されます。

そして反復式では変数iのインクリメント、i++で、変数iを毎回1ずつ増加させています。

このfor文の実行すると初めにiの値は0からスタートして、順番に

0

1

2

3

4

と画面に出力されて最後にiが5になったときに条件式が満たされなくなるため処理が終了します。





エクセル・アクセスを動画で楽々マスターできる楽ぱそDVD!