Deleteメソッド・セル範囲の名前の削除





ワークシートに設定されたセル範囲の名前を削除するにはDeleteメソッドを使用します。
なお、存在しないセル範囲の名前を指定するとエラーになります。

[書式]

オブジェクト.Delete
オブジェクト:Nameオブジェクト
(WorkbookオブジェクトのNamesプロパティ)

[例]

現在開いているワークブックの「社員一覧」というセル範囲の名前を削除する

ActiveWorkbook.Names(“社員一覧”).Delete







プログラミングが動画でわかる【楽ぱそDVD】



このページをお気に入り(ブックマーク)に登録する | | 目次ページに戻る