Columnsプロパティ・列の参照





ワークシートの列を参照するにはColumnsプロパティを使用します。
列を指定できますが、指定しないと全列を参照します。
列は数字またはアルファベットの列番号で指定することができます。

[書式]

オブジェクト.Columns

オブジェクト:Worksheetオブジェクト, Rangeオブジェクト

列の選択例

内容
Columns 全列
Columns(2)またはColumns(“B”) 2列目
Columns(“B:E“) 2~5列目

[例]

B列からE列までを選択する。

Columns(“B:E”).Select






プログラミングが動画でわかる【楽ぱそDVD】



このページをお気に入り(ブックマーク)に登録する | | 目次ページに戻る