ArrayList

配列の場合はあらかじめ要素数を決めて宣言する必要がありますが、

ArrayListクラスを使えば要素数を決めずにデータを格納してゆくことができます。

またこのクラスを使用する場合はあらかじめjava.util.ArrayListクラスを

ソースファイル内でインポートしておく必要があります。

ソースファイル内の最初に以下のように記述しておくことによってArrayListクラスを

使用することができます。

import java.util.ArrayList;

宣言と領域の確保

ArrayListを宣言するには以下のように記述します。

[構文]

ArrayList<データ型> 変数名 = new ArrayList<データ型>();

ここで、データ型は参照型のみ指定可能です。

例えばint型などの基本データ型を使用したい場合は別の項でお伝えしています

ラッパークラスというものを使用します。

ちなみにint型のラッパークラスは「Integer」になります。

以下がArrayListの使用例です。

[例]

ArrayList<String> lst = new ArrayList<String>();

ここでは参照型であるString型(文字列型)のlstという名称のArrayListを宣言しています。

データの追加

ArrayListにデータを格納するには以下のようにsddメソッドを使用します。

[構文] 変数名.add(追加する値);

[例]   lst.add(“商品A”);

この例ではlstというArrayListに「商品A」という文字列を追加しています。

データの取り出し

ArrayListからデータを取り出すには以下のようにgetメソッドを使用します。

[構文] 変数名.get(番号); ※番号は0番目から始ま

ゲットメソッドの引数:()内の値はArrayListの中の何番目のデータを取り出すかを指定します。

[例]   lst.get(1);

ここではlstという名前のArrayListの1番目の値を取り出しています。

要素数の表示

ArrayListの要素数を調べるにはsizeメソッドを使用します。

[構文] 変数名.size();

[例]   lst.size();

ここではlstという名前のArrayListの要素数を調べています。





エクセル・アクセスを動画で楽々マスターできる楽ぱそDVD!