break, continueで繰り返し処理から抜ける 

for文などの繰り返し処理から任意のタイミングで抜け出したい場合。

処理をストップさせたい場合にはbreak; またはcontinue;を使用します。

例えば変数が負の値になったら計算を終了させるといった処理が可能になります。

繰り返しをループとも呼びますが、ループから抜けたい場合は break;、

その回のループの処理だけをとばしたい場合は continue;を使用します。

例えばある変数の値が奇数の場合だけ文字列を出力しないといった処理ができます。

class Breaks {
public static void main(String[] args) {

  //[breakの例]

System.out.println (“breakの場合”);

for (int i = 0; i < 5; i++) {

if(i==3){

break;

}

System.out.print (i);

}

/*breakの例では変数iの値が0から1,2と順番に画面に出力されますが、

iが3の場合にif文でbreak;が実行されてforループから抜け出して処理が終了します。

その結果、0 1 2 と画面に出力されます。*/

 //[continueの例]

System.out.println (“continueの場合”);

for (int i = 0; i < 5; i++) {

if(i==3){

 continue;

}

System.out.print (i);

}
}
}

continueの例では変数iの値が0から1,2と順番に画面に出力されますが、

iが3の場合にif文でcontinue;が実行されてその回だけの処理が飛ばされます。

その後引き続き、iの値が4の場合に処理がおこなわれ、

その結果、0 1 2 4 と画面に出力されます。





エクセル・アクセスを動画で楽々マスターできる楽ぱそDVD!