基本データ型





Javaの変数には大きく分けて基本データ型と参照型がありますが

基本データ型というのは、変数に直接値を入れるタイプのデータ型になります。

変数を宣言時にコンピュータのメモリにビット数分だけ領域が確保されます。

そしてそのメモリの領域に変数に入れた値が格納される仕組みです。

以下が基本データ型の種類と内容です。

内容のビット数分だけ変数の宣言時に領域が確保されますので、

変数を宣言するときには入れる予定のデータがどれくらいのサイズなのかを把握して

そのサイズがちょうど入るくらいのデータ型にするとメモリの領域を最小限に節約することができます。

データ型 内容
byte(整数) 8ビット -128 ~ 127
short(整数) 16ビット -32768 ~ 32767
int(整数) 32ビット -2147483648~2147483647
long(整数) 64ビット -9223372036854775808~9223372036854775807
float(小数) 32ビット 単精度浮動小数点
double(小数) 64ビット 倍精度浮動小数点
char(文字) 16ビット u0000 ~ uFFFF
boolean(真偽値) 1ビット trueまたはfalse






プログラミングが動画でわかる【楽ぱそDVD】



このページをお気に入り(ブックマーク)に登録する | | 目次ページに戻る