クラスの定義





クラスを作成する際にはルールに従って作成します。

まず、1つのファイルには複数のクラスを定義することができます。

ただし、public クラスは1つのファイルにつき1つまで記述可能で、

public クラスを記述した場合はファイル名をそのクラス名と同じものにしなければならないという

ルールがあります。

public クラスというのはクラス名の先頭にpublicという名前のアクセス修飾子というものをつけたクラスです。

アクセス修飾子というのはあるクラスやメソッドなどにどの範囲から利用できるかを表す文字列です。

public の場合はこれを指定すると別のクラスからも、このクラスを利用することができます。

[例]

public class A { } ⇒ ファイル名はA.java

例えばソースファイル内にAという名前のクラスを宣言している場合そのソースファイル名は

A.javaと付けておきます。

そしてpublicクラス以外のクラスは複数同じファイル内に宣言してもかまいません。

 







プログラミングが動画でわかる【楽ぱそDVD】



このページをお気に入り(ブックマーク)に登録する | | 目次ページに戻る