オブジェクトの階層





エクセルVBAであつかうオブジェクトには階層というものがあります。
例えば、セルを表すRange オブジェクトがありますが、この上には
ワークシートを表すWorksheet オブジェクト、そしてその上には
ワークブックを表すWorkbook オブジェクト、さらに上には
アプリケーションを表すApplication オブジェクトという形になっています。

実際にセルの集まったものがワークシートであり、
ワークシートが集まったものがワークブックですので、
エクセルのブックの構造をイメージしていただければわかりやすいかと思います。

オブジェクト: 操作の対象となるもの

オブジェクトの階層

Application オブジェクト (アプリケーション)

Workbook オブジェクト (ワークブック)

Worksheet オブジェクト (ワークシート)

Range オブジェクト (セル)







プログラミングが動画でわかる【楽ぱそDVD】



このページをお気に入り(ブックマーク)に登録する | | 目次ページに戻る