オブジェクトのメンバ変数やメソッドの呼び出し

クラスを元に作成したオブジェクトのメンバ変数やメソッドを呼び出すには

オブジェクトのメンバ変数を呼び出すには直接指定する方法と

メソッドを使って呼び出す方法とがあります。

ここでは直接指定する方法についてお伝えします。

[構文]

オブジェクト名.メンバ変数名またはメソッド名;

初めに呼び出しを行いたいオブジェクト名を指定し、その後に「ドット」「.」次に

呼び出したいメンバ変数やメソッドを指定します。

メソッドに引数がある場合はその引数も指定します。

[例]

クラス:

//Shouhinクラスのフィールドの呼び出しを行うクラス

class Objects {
  public static void main(String[] args) {

  //オブジェクトの作成
  Shouhin s1 = new Shouhin();

  //nameフィールドに代入
  s1.name=”電子レコーダー”;

  System.out.println(s1.name);

  }
}

//Shouhinクラス

class Shouhin{

   //nameフィールド
   String name;

}

この例では Objects クラスのメインメソッド内で

Shouhinというクラスからオブジェクトを生成してs1という変数に代入しています。

そしてs1.name=”電子レコーダー”;と指定して

Shouhinクラスのnameフィールド(メンバ変数)に「電子レコーダー」を代入しています。

次にs1.nameの内容を画面に出力しています。





エクセル・アクセスを動画で楽々マスターできる楽ぱそDVD!