エクセルVBAの基本





エクセルのVBAでは操作の対象となるものをオブジェクトとよびます。
そしてそのオブジェクトに対して操作や設定を命令します。

例えば、セルに関してはRangeオブジェクト、ワークシートに関してはWorksheetオブジェクト
といった形で指定し、それに対して「値を入れなさい」とか、「色を赤色にしなさい」といった
命令を行います。

難しく考えすぎず、セルやシートに命令するときはこのように書くといったかたちで
まずは使い方から覚えてゆきましょう。

オブジェクト: 操作の対象となるもの
[例] ワークブック、ワークシート、セル etc

[書式]

オブジェクト.属性(プロパティ)
オブジェクト.動作(メソッド)

[例]

C3セル.値 = “一覧”  ⇒   Range(“C3”).Value = “一覧“
C3セル.選択する    ⇒   Range(“C3”). Select






プログラミングが動画でわかる【楽ぱそDVD】



このページをお気に入り(ブックマーク)に登録する | | 目次ページに戻る