アクセステーブルでフィールドと・主キーの修正

フィールドを修正するにはデザインビューボタン を押してデザインビューに切り替えてからおこないます。
フィールドを削除する場合は削除したいフィールド名の左側の列を押してください。
すると黒く表示されますのでキーボードの削除キー(Deleteキー)を押してください。
するとメッセージが出ますので削除する場合は「はい」削除を取りやめる場合は「いいえ」を押してください。

フィールドを移動する場合は移動したいフィールド名の左側から移動先までドラッグしてください。
フィールドとフィールドとの間に新たに別のフィールドを挿入したい場合は、
挿入したい場所のフィールド名の左側をクリックして黒く表示させてください。

次にメニューにある「行の挿入」ボタンを押してください。
空白行が挿入されますのでフィールド名とデータ型を設定してください。

■主キーの設定
主キーとは値が重複してはいけない項目に設定するものです。
例えば社員番号などは同一の社員番号が存在するのは管理上好ましく
ありません。

Aさんの社員番号が12345で
Bさんの社員番号も12345では管理しにくいですね。
このように主に値が同一であってはならない場合に主キーというものを設定します。

主キーを設定するにはテーブルをデザインビュー で開いてください。
次に主キーを設定したい項目上をクリックしてください。
ここでは「営業所ID」に設定するとして「営業所ID」上をクリックすると
矢印が表示されます。

次にメニューにある「主キー」ボタンを押してください。
すると鍵のマークが表示されます。
これで項目「営業所ID」に主キーが設定されました。

主キーが設定されたのですでに入力されているものと同一の番号を入力しようとしても
メッセージが出て入力できなくなります。

またテーブルを新規作成する際にはメッセージがでますので主キーを設定する場合は
「はい」設定しない場合は「いいえ」を押してください。

すると自動で主キーのついた項目ができます。
別の項目に主キーを設定したい場合は、主キーを設定したい項目をクリックしてから主キーボタンを押してください。





エクセル・アクセスを動画で楽々マスターできる楽ぱそDVD!