アクセスの構成





アクセスは主に以下のものから構成されています。
テーブル
クエリ
フォーム
レポート

テーブルはデータを蓄積しておく場所のことです。

例えば住所録や売上記録などをためておく場所です。
アクセスでデータベースを作る場合、まずはじめに設計します。

クエリはテーブルを操作する道具です。

テーブルから必要なデータのみを抽出したり、テーブルのデータを削除したり
テーブルに新たにデータを追加したり、データを更新したり
さまざまな操作を実現します。

アクセスではこれをビジュアルにできるので大変分かりやすく
操作することができます。

フォームは文字を入力したり、ボタンを押したりできるソフトの画面を
構成するための部品です。

レポートは集計結果や伝票、帳票などを表示するための道具です。
主にテーブルやクエリを元に作成します。







プログラミングが動画でわかる【楽ぱそDVD】



このページをお気に入り(ブックマーク)に登録する | | 目次ページに戻る