アクセスのツールの基本操作





■ツールに名前をつける
ここではラベルやテキストボックス、ボタンなどのツール全般の扱い方
についてお伝えいたします。

ツールにはそれぞれ名前を付けることができます。
例えば各ボタンに名前を付けることにより、プログラムを書く際に、どの
ボタンの命令なのかが識別しやすくなります。

ツールに名前を付けるには、ツールをクリックして■で囲まれた状態
(選択状態)にしてからプロパティボタンを押してください。

すると画面が表示されます。
これはプロパティウインドウといってツールに関する各種設定を行う画面です。

ツールに名前を付けるには「すべて」を押してから「名前」の部分に
お好きな名前を入力します。

■ツールの文字の大きさを変える

ツールの文字の大きさを変えたいときはツールをクリックして
■で囲まれた状態(選択状態)にして文字の大きさを変更します。

■ツール自体の大きさを変える

ツールの大きさを変えるにはツールをクリックして■で囲まれた状態に
してから■をドラッグして大きくしたり小さくしたりすることができます。

■ツールを移動する

ツールを移動するにはツールをクリックして■で囲まれた状態に
してからツールの端で■以外の部分をドラッグして移動することができます。

■ツールの削除
ツールを削除するにはツールをクリックして■で囲まれた状態に
してからキーボードの削除、Deleteキーを押します。







プログラミングが動画でわかる【楽ぱそDVD】



このページをお気に入り(ブックマーク)に登録する | | 目次ページに戻る